政策

藤巻 進の政策

1.少子高齢化へ対応する幸せ社会の構築

  • 高齢者のいきがいづくりの場の拡充
  • 多世代同居支援補助制度の推進
  • 役場でのパスボート発行、住民票等のコンビニ発行
  • 軽井沢病院総合診療科の開設(常勤医師の安定確保)
  • 健康モデル都市の推進

2.自立と多様性を尊重する子どもたちの育成

  • 町内小中学校へのICT機器の導入
  • 児童発達支援センターの開設(老人福祉センター併設)
  • 軽井沢高校の魅力化プロジェクトへの取り組み
  • ISAK等との交流によって多様性や国際感覚を育成
  • 幼稚園・保育所無償化への対応(2019年9月)
  • 保育現場に地域特性を生かした自然型保育を導入

3.美しい景観づくりとコンパクトで住みやすい都市形成

  • 軽井沢グランドデザインの具現化
  • 町独自のコンパクトシティ構想を計画実施
  • 豊かで美しい街路樹を育てる
  • 都市計画道路の見直し
  • 公共下水道全体区域の見直し

4.環境保全・防災施策・都市整備の推進

  • 緑化の推進による夏期気温の低下促進
  • 不用意な樹木皆伐等の乱開発を阻止
  • 使い捨てプラスティックの使用を削減
  • 浅間火山防災や豪雨等の自然災害への対応策拡充
  • 首都直下地震、南海トラフ大地震への対応策の構築
  • 既存道路や橋梁等の補修・長寿命化
  • 役場庁舎の再編整備計画の推進(6年後を目途に)

5.新しい創造拠点としての軽井沢ブランドの強化

  • 信州大学と東京大学との連携のさらなる展開
  • 軽井沢版SGDsの推進(Sustainable Development Goalsの略)
    国連で採択された[持続可能な開発目標]
  • リゾート会議都市の推進(G20閣僚会合の開催ほか)
  • 町の人材をはじめ価値ある情報を積極的に発信
  • 軽井沢リゾートテレワークの充実

6.足腰の強い産業形成

  • 滞在型リゾートの推進
    (インバウンド、会議都市、スポーツ振興、エコツーリズム)
  • 他市町村との観光連携を推進
  • 軽井沢産野菜の高付加価値化
  • 農業を振興するための「発地市庭」の充実
  • 地域経営の視点で持続可能な商業・工業の振興を支援
このページのトップへ